スーツの男性

マンション1棟買いで投資を始める|都市部で人気がある

空になった住まいの活用

スーツの男性

転勤後の住まいの管理

せっかくマンションや一戸建てといった自己所有の物件を持っているにも関わらず、転勤などの事情で数年間空き家になってしまうことがあります。遠方に転勤となってしまうと、空き家となった住まいの管理は難しくなりますし、管理だけを目的として定期的に戻ってくるわけにもいかなくなります。空き家状態で放置していることは、管理が行き届かずに近隣にも迷惑なことです。そこでリロケーションを活用しましょう。リロケーションは一定期間の空き家状態の住まいに不動産業者を通じて入居者に住んでもらうことで、収益物件とすることのできる仕組みです。しかも自分がの持ち家ですから、戻ってくるときには退去してもらって、元通りの生活をすることができます。

自宅物件で不動産収入

リロケーションは、住まいが空室になる期間を管理が行き届くとともに収益物件にできる仕組みです。ただ通常の収益物件とは異なり、貸し出すのが自分の住まいだということにはくれぐれも注意が必要です。リロケーションで空室をなくして収益化できることには大きなメリットがあります。しかし自分の住まいである以上は入居者の選定には不動産業者に一定の基準を要求するべきです。住まいのなかで喫煙をするかどうかや小さな子供がいたり、ペットの飼育をするかなど、入居をする方の生活スタイルによっては住まいが汚れたり傷ついたりしてしまうこともあります。現状回復の契約をしていたとしても、やはり賃貸契約なので退去時にトラブルの原因となりやすくなります。